破産宣告ペナルティの期間は10年

破産宣告ペナルティの期間は10年

簡単にお金が借りられるようになるほど、普通の人が、多重債務者に陥るケースも増えてしまいました。

 

ですから、顔根を借りるという場合は、最後の手段と言われる「破産宣告」がどういうものなのかも、知っておくべきだと思います。

 

破産宣告は、最後の手段で、「全ての借金を帳消しにして、人生の再起を図る事ができる仕組み」ですが、破産宣告を受けた人は、とうぜんそのペナルティーは受けなければなりません。

 

破産者は、一般人、人としての権利の制約を受けることになることをよく理解しておきましょう。

 

破産者は、居住する場所を裁判所に決められ、引越することもできませんし、管財人に郵便物や電報などをチェックされたりもします。

憲法上の基本的人権さえ、破産者には与えられないということを肝に銘じておいてください。

 

破産者としてのペナルティーを受ける期間は通常は10年となります。

 

その10年間は非常に不自由な暮らしを強いられ、肩身の狭い思いで暮らすことになり、自分が破産者で有ることを実感されられることになるでしょう。

 

免責を得た場合は、10年以内で復権することもあります。

 

復権すると破産者として奪われて権利は戻りますが、破産者であったという世間的なレッテルは一生ついて回ることになります。

 

但し、詐欺破産罪などで有罪になった場合は、破産宣告の10年だけのペナルティーではすまない場合もあります。

 

10年間、真面目に働き、きちんと税金を納め、犯罪などを犯すことがなければ、破産宣告は10年で解かれ、復権した場合は、破産宣告でブラックリストに掲載されている名前も削除されますので、またローンやキャッシングはできるようになります。

 

ただし、それは制度上の事で、実際に民間の金融機関のブラックリストからはずされるかどうかは分かりませんし、個人的に知っている担当者がいれば、まずますがいなく、キャッシングなどはできないでしょう。

 

10年間の間は、いろいろと経済的な信用がなくなるため、日常生活で困ることも多いのですが、10年耐えれば破産宣告から解放されると思われるかもしれませんが、復権しても過去は消すことができないのです。

 

いったん破産宣告を受けた場合、弁護士などの、信用を重要視するような職に復職するのは、かなり難しいですし、いつどこから破産者だったという情報が、復権後どこに引っ越そうと流れるかは分かりません。

 

甘い考えで、お金をかりてしまい、多重債務者になったら、破産宣告すればいいやなどという考えは持たない事が無難でしょう。

関連ページ

一本化は詐欺もあるので注意しよう
直ぐにお金が必要になった時に役立つ、キャッシングや融資を受ける方法について紹介しています。
ギャンブルは任意整理も不可能
直ぐにお金が必要になった時に役立つ、キャッシングや融資を受ける方法について紹介しています。
自分の子供、家族がが多重債務者になってしまった場合
直ぐにお金が必要になった時に役立つ、キャッシングや融資を受ける方法について紹介しています。
自己破産に陥らないために
直ぐにお金が必要になった時に役立つ、キャッシングや融資を受ける方法について紹介しています。
個人民事再生法を使えば家をのこせることも
直ぐにお金が必要になった時に役立つ、キャッシングや融資を受ける方法について紹介しています。