自己破産に陥らないために

自己破産に陥らないために

自己破産にならないためには、どうしたらいいのでしょうか?ずばり"借金を増やす習慣を身につけない事"です。

簡単な事なのにできていない人が圧倒的に多いことがわかります。自分だけはだいじょうぶ、そう思っている人ほど、実は自己破産予備軍だったのです。

かつて、自己破産者が全国で急増、社会問題として、TV報道で大きく取り上げられたことがありました。

その人たちの半数以上がまだうら若い20代の女性たちでした。親にも相談できず、やむを得ず風俗嬢に。涙を流しながら、せつない心情と過酷な状況を訴える彼女たちに共通していたのは、"クレジ
ットカード"による消費者ローンや信販会社からの多額の借金でした。

こうしたカード利用による多重債務者の自己破産者は、今日に至っても一向に減る様子はありません。あの時TVに映しだされた女性達は、最初は普通のOLだったのです。


日常のお惣菜や買い物は現金で、という人でも、通販や中大型家電や商品を購入する際はカードで、という人多くないですか?

電車などの乗車券もカードで使えるようになりましたね。さらに各コンビニで、競ってポイントとクレジット機能がついたオリジナルカードを発行していますし、銀行にも、スーパーにも、ちょっとした小売店でも、とにかくあらゆる場所で実に魅力的なカードがおかれています。


始めは、必需品をカードで普通の感覚で普通に購入しているだけというふうに、"普通に"使い始める人がほとんどです。

ところが、カードを使い始めると、実際の金銭余力以上に使い込んでしまう失敗を繰り返すようになります。

とっくにカード利用に"イエロー信号"が出ているにもかかわらず、信号に気づくことなく、どんどんカード利用をエスカレートしていってしまうという現象がおきてきます。

カードが正常な金銭感覚を奪っていくのです。「今月の決済はきつかったなー」で済めばいいのですが、金額があまりに膨大で、とても返済できる金額ではないといった場合どうしますか?

貯金を使い果たし、次の給料日まであと数日、それまで持ちこたえられるだろうか、お金を貸してくれそうな友人も知人もない、そうなったときは心底あせりまくりますよね。

問題はそのあとです。自分のずさんなお金の使い方を反省し、これ以上の負担が増えないようにカード利用をとりあえずストップ。

生活を切り詰めることでなんとかお金をかき集めて支払ったら、二度とカードを使いすぎないように生活の仕方を工夫する・・・。という風に気持ちを切り替えられるなら合格。


しかし、多くの人は、カードがもつ便利なもう一つの機能"キャッシング(現金借り)"にのめりこんでいってしまうのです。

目に飛び込んでくるさまざまな広告も私たちの心をがっちりと捕らえてはなしません。"無人でキャッシング""ショッピング枠を現金にします""借金を1本にしませんか"うんぬん・・・・。

初めはどきどき・・・。それも回を重ねるたびに刺激がなくなり・・・。こうして多重債務という奈落のそこへまっしぐらに落ちていくことになります。


普通に買い物をするための手段だったカードが、いつの間にかお金を持つための手段になってしまっていたら、それが地獄の始まりです。

"借金を1本にしましょう"聞こえはいいけれど、結局債務先をまとめたというだけで、借金なくなるわけではないのです。


今の時代はすべて自己責任が問われる時代です。安易に無形のものに頼らないこと。強い意志を持って生きていくことが一人一人に問われているのです。

関連ページ

一本化は詐欺もあるので注意しよう
直ぐにお金が必要になった時に役立つ、キャッシングや融資を受ける方法について紹介しています。
ギャンブルは任意整理も不可能
直ぐにお金が必要になった時に役立つ、キャッシングや融資を受ける方法について紹介しています。
自分の子供、家族がが多重債務者になってしまった場合
直ぐにお金が必要になった時に役立つ、キャッシングや融資を受ける方法について紹介しています。
個人民事再生法を使えば家をのこせることも
直ぐにお金が必要になった時に役立つ、キャッシングや融資を受ける方法について紹介しています。
破産宣告ペナルティの期間は10年
直ぐにお金が必要になった時に役立つ、キャッシングや融資を受ける方法について紹介しています。